本文へスキップ

元気いっぱい 夢いっぱい

電話でのお問合せ:TEL.201-585-0555(平日)
201-493-9222(土曜)

2 Executive Drive, #660, Fort Lee, NJ 07024

Japanese Weekend School of NJ -ニュージャージー補習授業校-

校長日記 Principal Diary


 各学年学級の作品展示
  10月20日(金)
 
毎土曜日の各学年学級の廊下にはこれまで学習したことのまとめ等が展示されています。子供たちが校庭に出て見付けた春・夏・秋らしい植物を取り上げた作品、図書館から借りて読んだ本の紹介をする「読書カード」、国語の教材「くじらぐも」の乗って空から「見えるもの」を思い思いに綴った作品などが14日(土)には展示されていました。
 送迎の際には他学年の作品にも足を運んでいただきますと、次年度の活動の一端を知ることができ、参考になると思います。
5~6年生学年学級行事
  10月19日(木)
 14日(土)には5〜6年生合同の学年行事が各教室で行われました。この行事は、子どもたちの親睦を深め、協力する心を培う目的で年間行事に特別活動として組み込まれたものです。「もぐらたたき」「ゴム鉄砲での的当て」「スプーン競走」「揺らした紙袋への玉入れ」「的当て」「輪投げ」「紙飛行機飛ばし」など子供たちが考えた思い思いの競技にお互いに参加し、楽しんでいました。この行事を実施するに当たり用具等の製作や運搬等でご協力いただきました保護者の皆様、大変お世話になりました。
   授業参観1年
    10月18日(水)
 3組では「繰り上がりのある足し算」の学習を行いました。合わせると10より大きくなる数の計算の仕方を説明できるようにしましょうという課題について、10のまとまりを作るという考えに気づくよう具体物を提示して考えさせていました。どの子も真剣に考えていました。
  授業参観1年
   10月17日(火)
 2組ではいろいろな形(立体)について授業を行いました。球・立方体・直方体・円柱・角柱の特徴や性質について、先生が用意した実物をもとに見つけ出すという学習でした。子供たちは「平ら」「上に載せられる」「転がる」などそれぞれの立体の特徴を見つけていました。
  授業参観1年
   10月16日(月)
14日の2校時、1組では「くじらぐも」の学習をしました。くじらぐもに誘われてみんなで手をつないでくじらぐもの高さまでジャンプする様子を再現しているときの様子です。1回目30センチ。テープで30cmの長さを、次のジャンプ50cmでも丁寧にテープ50cmで教えていました。
    授業参観2年
    10月15日(日)
14日(土)の1校時、3組ではかけ算「5の段」の学習をしました。一皿に5個のっているお皿が1枚、2枚、3枚・・・と増えていくと、5を何回も足すことで増えれば増えるほど足し算のたす回数が増え、全部の数をかけ算で表すことの合理性などを指導していました。子供たちは後ろで参観しているお母さんやお父さんを気にしないで、先生が質問すると元気よく手を挙げて答え、学習に集中していました。
 授業参観2年
  10月14日(土)
 14日(土)の1校時、1組ではかけ算「2の段」の学習をしました。手作りの教材で「一皿に2貫のっているお皿が1枚、2枚、3枚・・・と増えていくと、お寿司の数はいくつでしょうか?」という課題でした。子供たちは先生が質問すると元気よく手を挙げて答えたり、次の質問を予想して答えようとしたり後ろで参観しているお母さんやお父さんを気にしないで学習に集中していました。
メイプル祭への表敬訪問
    10月13日(金)
 11日(水)の午後、ニュージャージー日本人学校を表敬訪問してきました。今週の14日(土)に第26回目のメイプル祭を開催するという案内をいただきましたので、当日は授業日で伺えないので行ってきました。講堂では発表テーマを「環境」にした中学生がこれまでの校外学習で学んだことを基に調べたことや聞き取り調査したことなどをスライド等の映像資料を使って発表練習していました。
 また、他の各学年もそれぞれのテーマに沿ってのこれまでの取組を分かりやすく発表する練習に励んでいました。明日の発表の成功を御祈念いたします。
  カエル、見〜つけた!
    10月12日(木)
幼児部の活動を参観するため廊下を歩いていたら、「カエル見付けたよ」「カエルがいる」と歓声が聞こえたので、中庭で木に潜んでいるカエルを囲んで頭をなでている園児達に側に近寄ってみました。確かに1匹のカエルが木の根元でじっとしていました。すると、1人の女の子がどこからか虫を捕まえてきて、カエルの口元に差し出していました。園児達の興味関心に感動したできごとでした。
     コロンブスの日に
   −アメリカ最古のワイナリー見学
 
  10月11日(水)
 コロンブスの日は、1492年10月12日にクリストファー・コロンブスがアメリカ大陸の発見及び到着を祝う日だそうです。折角の祝日ですので家にいるのもつまらないので秋の紅葉を目指して17号線を北上してみました。17号線は周囲の山々が眺められ、交通量もそれ程多くないので比較的走りやすく私の好きな道です。周囲の木々は黄葉し、秋真っただ中という景色と空気でした。1時間を車を走らせ、アメリカで最古と言われているブラザーフッドというワイナリーにちょっと寄ってみました。工場では1.5Lの赤ワインが瓶に注入されていました。
  授業研修会
   −中等部国語科
 
  10月10日(火)
放課後、中等部国語科3学年それぞれの授業参観しての授業についての研究を行いました。授業の目標に沿った指導であったかについて、生徒への課題のもたせ方、生徒が一人一人課題に向き合う時間や、考えを述べ合い意見交流を行う活動の方法、学習のまとめなどについて、よりよい授業を目指しての工夫の要する点などを出し合いました。
  授業研修
   −中等部国語科3年
 
  10月9日(月)
 7日(土)の4校時には、3年生の「慣用句・ことわざ・故事成語」の授業研修を行いました。普段のアメリカ生活の中ではおそらく聞いたことがないであろう「言葉」の学習でした。授業では、日本ではかなり古い時代にこれらの言葉が作られ、日常の生活の中に使われてきた比較的馴染みのありそうな言葉が紹介されました。3年生でも事前に慣用句やことわざ等をどのように日常で使っているのかをちゃんと予習して授業に臨む生徒がいるということに感動しました。凄いですね、補習校に通う子供たちは。
  授業研修
   −中等部国語科2年−
 
  10月8日(日)
 7日(土)の3校時には、2年生の古典の授業研修でした。「仁和寺にある法師」という吉田兼好の「徒然草」の一説です。普段聞きなれない言葉で書かれた文章は、現地校で英語で学ぶ生徒にとっては一層難しい学習内容だと思います。しかし、旧仮名遣いの現代語訳や文章全体を声に出して読んだりしていく中で、次第に内容の理解を進めていきました。そして、グループ活動を通して法師と呼ばれる人のなすべき行いでないことに気づいていく生徒の真剣さは課題の解決へと向かいました。
   授業研修
    −中等部国語科1年
 
  10月7日(土)
 2校時、中学1年生は意見文「戦争を終わらせることはできるのか」を基に中学生という立場で自分なりに戦争について考えたことや意見として取り上げたいことなど、お互いに発表しあうことで「戦争をなくすために自分たちは何ができるのか。」を真剣に考えていました。現地校で学ぶ中学生が戦争を引き起こす要素など日本語でどんどん発言していたことに感心しました。
ニューヨーク日本人学校訪問
ー中等部学習発表会−
   
10月6日(金)
 5日(木)、ニューヨーク日本人学校中等部の学習発表会を久永教頭と2人で参観してきました。国語科意見文発表では、発表者のテーマがアメリカでの身近な生活体験から考えられており、それぞれが自己の体験を交えた説得力のある内容でした。次の英語科のスピーチも今の自分を見つめての内容であったり、身の回りで起きている諸問題に自分なりの視点で考えての主張だったりと、聞いていてさすが異文化の中でたくましく生きている中学生だと感心しました。また、着実に日本の次代を担うグローバル人材育成が行われていると実感いたしました。
    2年学年行事
    −ボールを使った競技−
 
   10月5日(木)
 30日の4校時には2年生がボールを使ったリレー形式の競技でクラスの団結とお互いの協力関係を深めました。写真は、2人1組となってボールをパスしながら5m先のコーンを回って戻ってくるリレー競技です。体育館いっぱいに声援が響いていました。
     3~4年学年行事
     −ドッジボール大会−
 
   10月4日(水)
 30日の2校時、3〜4年学年行事として「ドッジボールのリーグ戦」が行われました。3年生3クラス、4年生2クラスの計5クラスが優勝を目指して戦いました。体育館は熱狂に包まれていました。
 日本の伝統文化「狂言」教室
  
 10月3日(火)
 30日(土)12:00〜北カフェで、学校と父母の会の共同イベントとして、小5から高3の生徒対象に狂言鑑賞を行いました。日本の文化や芸術を紹介することをミッションとして活動されていらっしゃる能ソサエティー様が小学6年生の国語の教科書に載っている狂言「柿山伏」を演じてくださいました。
このページの先頭へ
   先生たちとの昼休み
    −1年生−
  
  10月2日(月)
 30日の昼休みは、西側の中庭に元気な歓声が聞こえてきました。廊下を通りかかった私は足を止め、しばらく遊びの様子を眺めていました。校舎の壁を利用して、あちらからこちらの壁に行く間に、鬼の先生方をうまくすり抜けることができるかどうか真剣に遊んでいました。楽しいひと時を過ごすとともに、確実に友達作りが行われているのだろうなあと思って見ていました。
   工夫して計算しよう
  
 10月1日(日)
  4年生では大きな数のかけ算やわり算の工夫について、自分たちが考えた方法で解き、工夫した点について説明していました。また、聞いていた人も説明のよかったところを認めるなど協働の学び合いができていました。

information

Japanese Weekend School of NJ
ニュージャージー補習授業校

2 Executive Drive, Suite660,
Fort Lee, NJ 07024
TEL.201-585-0555(平日)
   201-493-9222(土曜)
FAX.201-585-1981
http://www.jwsnj.org
E-mail: njws@jwsnj.org


*バスの乗車申し込み(Jersey City, West NY, Summit line )はこちらから→。


代用教員募集!
詳しくはこちら