本文へスキップ

元気いっぱい 夢いっぱい

電話でのお問合せ:TEL.201-585-0555(平日)
201-493-9222(土曜)

2 Executive Drive, #660, Fort Lee, NJ 07024

Japanese Weekend School of NJ -ニュージャージー補習授業校-

校長日記 Principal Diary


このページの先頭へ
   1年生授業参観A
    10月17日(水)
 13日の2校時、1年生のこのクラスでは、算数のたし算の学習が行われていました。合わせた数が10よりも大きい数になる場合の計算の仕方を考えようという学習でした。例として3+9=の例題について、大きい数9をもとにあといくつで10になるかを考えました。3を2と1に分けて10にする方法と小さい数3をもとにして9を分ける考え方も出ました。
   1年生授業参観@
    10月16日(火)
 13日の2校時、1年生の第2回目の授業参観が行われました。このクラスでは「はなす・きく」をテーマにした国語の学習が行われました。めあて―よくみてかこう!の課題について2人一組で紙袋の中に入っているものの特徴を「色」「」「大きさ」「触った感じ」「重いか軽いか」「におい」などで相手に伝わるように相談して学習シートに書きました。解答者は参観されていたお母さんやお父さん方。ズバリ当てた人が多く、特徴を捉えた表現ができました。
   2年生授業参観B
    10月15日(月)
 13日の1校時、2年生のこのクラスでは算数の「長方形と正方形」という単元の「直角三角形」について学習しました。
3〜4人のグループで長方形と正方形を切って、角が直角になる2種類の直角三角形ができることやそれらの特徴などを考え合いました。
   2年生授業参観A
    10月14日(日)
 13日の1校時、2年生のこのクラスでもかけ算九九の5の段の学習が行われました。「かけられる数×かける数」では、2人のお父さん方にA(追いかけられる数)役、B(追いかける数)役に扮してもらって分かりやすくそして印象づけていました。協力していただいたお父さん方ありがとうございました。
   2年生授業参観@
    10月13日(土)
 13日の1校時は2年生の第2回目の授業参観が行われました。2年生のこのクラスでは、まず全員でこれまで習った5の段、2の段の暗唱を行いました。その後逆からも挑戦しました。3の段が一つ前の答えに3つたすという考え方を学習した後、3の段の九九の暗唱に挑戦しました。
    茶の湯クラブ
    10月12日(金)
 6日の放課後、茶の湯クラブの活動が行われました。クラスを訪問させていただいた時にはこれまで習った一連のお手前の作法について一つ一つ動作を確かめながら丁寧に復習が行われていました。参加した子供たちは真剣な表情で先生の動作に合わせていました。
   授業研修後の検討会
    10月11日(木)
 中高等部数学の授業研修後の検討会が放課後学年別で行われました。
 検討会では、本日の授業のねらいが達成できた授業であったかということが中心に話し合われました。授業の過程は、一人で課題解決、ペアやグループでの協同学習、全体での解決等。それらの各段階においての子供たちの取組のようすや支援の適切さなど参観者から忌憚のない意見が出されました。
   高等部数学授業研修
  ―二次関数のグラフ―

    10月10日(水)
 高等部1年生は、二次関数のグラフの書き方について授業研修しました。二次関数のグラフを描く際、おさえるべきポイント(グラフの傾き、頂点の座標、y軸との接点の座標)を見つけること。それらを与えられた二次関数の式から導き出すための方法について具体的な説明を聞いた後、一人一人が課題に挑戦しました。自分の解答したものと黒板での解答を見比べながら真剣に学習に取り組んでいました。
  中等部3年数学授業研修
  ―相似な図形の証明―

    10月9日(火)
 3年生の教室でも図形の証明についての授業研修が行われました。2つの図形が相似となる条件3つを全員が短時間ですらすらと答えるなど意欲的に取り組んでいました。1問目はスムースに証明できましたが、2問目は補助線を入れないと証明がむずかしい問題でしたので、どこに補助線を引いたらよいかなどすぐには見つからず、クラス総力戦で解答に挑戦していました。
  中等部2年数学授業研修
―二等辺三角形の性質と証明―

    10月8日(月)
 2年生の教室では、「図形の性質と証明」という単元で、二等辺三角形の性質を証明する課題に生徒達は挑戦していました。
証明に使用できる条件は3つの合同条件。問題に示された「仮定」と「結論」について確認した後、一人一人がプリントに沿って条件を見つけ出して、結論づけていました。
  中等部1年数学授業研修
    ―関 数―

    10月7日(日)
 中等部1年生の教室では、一つの値が決まるともう一方の値が一つだけ決まる関数について授業研修が行われました。子供たちは「1辺が16cmの正方形の図形を使ってのふたのない箱づくり」を行ったことをもとにして、切り取る4隅の辺の長さによって変わる箱の辺の長さや底面積、体積などについて一人一人が表づくりをしたあとグラフづくりに取り組みました。
   和太鼓紹介セミナー
    10月6日(土)
 先週、放課後オーディトリアムにおいて「和太鼓紹介セミナー」が行われました。
 当日勇壮な動きと和太鼓の演奏を披露してくださったのは「美和鼓」という子どもの和太鼓グループでした。2007年に結成されたそうで、当日は9名の小学生から高校生が迫力ある力強い演奏を聞かせてくれました。
    初等部4年生算数
  ―がい数の表し方―

    10月5日(金)
 4年生の教室では「がい数の表し方」について学習しました。「上から1ケタのがい数」「上から2ケタのがい数」に表す場合、四捨五入をする位置がどの位なのかに気を付けながら、まずは自分のノートに、そいて指名された人が前に出てきて解答していました。みんな自分のノートの解答と見比べながら見ていました。
園児達の昼休み―集まれ―
    10月4日(木)
 秋晴れの清々しい天候の下、昼食を終えた園児達は先生達に見守られながら、思い思いの遊びをして過ごしていました。
 上の写真は、先生と一緒に「かごめかごめ」という遊びをして楽しんでいました。♪
かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀滑った 後ろの正面だあれ?
下の写真は、枝を使って土を掘り起こし、土の中の生き物を見つけていました。みみずや小さな幼虫を堀り出すと、「いた〜!」と歓声をあげ、大はしゃぎでした。
    図書室は大盛況!
    10月3日(水)
 本校の図書室は子どもたちに大人気です。蔵書6000冊、貸し出し数は年間3万冊以上、幼児部から高等部、大人まで1回4冊まで借りることができます。
 子どもたちの日本語力の向上を陰で支えてくださっている父母の会の図書委員とボランティアの皆さま、ありがとうございます。
    初等部4年生
   −点字を打ってみようー

    10月2日(火)
 4年生では「だれもが関わり合えるように」という単元で、目の不自由な人たちが指で探って読み文字=点字について学習していました。視覚障害をもつ人たちにとって、自分で自由に使える文字をもつことはとても大切です。また、今はそうして障害もなく生活している私たちも、不慮の事故や病気によってそうした立場になってしまうことがないとは言えません。この機会に点字の身近な利用について調べてみてはいかがでしょうか。
子供たちは「落葉松」という詩を点字に表してみました。
    エピペン講習会
    10月1日(月)
 29日9:30〜補佐室に於いて、食物アレルギー反応として現れるアナフィラキシーショック症状を防ぐための手立てとして「エピペン」又は「Auvi-Q」の使用法について米国での看護師資格を持つ保健エイドさんを講師に学びました。クラスにエピペン等を所持している児童生徒が複数いる場合がありますので、用具に油性マジックお子さんの名前を記入しておいていただけると使用間違いをしないかと思います。

information

Japanese Weekend School of NJ
ニュージャージー補習授業校

2 Executive Drive, Suite660,
Fort Lee, NJ 07024
TEL.201-585-0555(平日)
   201-493-9222(土曜)
FAX.201-585-1981
http://www.jwsnj.org
E-mail: njws@jwsnj.org


*バスの乗車申し込み(Jersey City, West NY, Summit line )はこちらから→。


代用教員募集!
詳しくはこちら