本文へスキップ

元気いっぱい 夢いっぱい

電話でのお問合せ:TEL.201-585-0555(平日)
201-493-9222(土曜)

2 Executive Drive, #660, Fort Lee, NJ 07024

Japanese Weekend School of NJ -ニュージャージー補習授業校-

校長日記 Principal Diary


このページの先頭へ
    中高等部文化祭準備着々と
      2月14日(木)
 中高等部では今月から特別に短縮6校時の時間割を組み、来月9日に行われる『文化祭』の準備に取り組んでいます。
 準備は主に午後の5〜6校時を使って行われています。写真にあるように廊下に各教室での看板作りが着々と進められていました。これまで学級では昼食時や昼休み等にも文化祭の出し物について話し合いを重ね、楽しい催しになるものや思い出に残るものに決めたそうです。また、高校2年生は舞台発表を準備しているそうです。今年は、どんな劇を見せてくれるか楽しみにしています。
    中等部1年生
    ー関東地方ー

    2月13日(水)
 中等部1年生が関東地方の各県の特色について学習していました。学習プリントに山地や河川、平野を資料集で調べ、記入しました。日本の各地方の地図には慣れていないせいか少し大変そうでした。先生にチェックしてもらった後、各県の特色を調べました。私も群馬県の自動車産業について発表しました。東京都の特色である人口のドーナツ化現象や出版印刷業が多いことの理由について考え合いました。
  5年生社会科自然災害に備える
   ー自分たちにできることー

     2月12日(火)
 5年生では日本で起こった未曾有の大震災の東日本大震災を基に災害がもたらした被害の大きさ等について教科書や資料集の資料で学習しました。その後、自然災害に備えるために普段から自分たち、地域、市や県・国などが取り組んでいることをまとめました。特に、自分たちができることを考えることは、公民的資質を育む上でとても大切なことです。
   学習発表会に向けて
    2月11日(月)
 6年生が合同で学習発表会の準備を進めていました。グループ毎に発表するテーマが決められており、それに沿った発表内容になるように検討をしていました。これまで調べたものでより分かりやすくするための資料や提示の仕方など中間の見直しを行いました。4年生の「一つの花」を発表するグループは、戦争当時の様子を詳しく伝えるために写真を使って分かりやすくする工夫をしていました。
     4年生漢字の広場
   −3年生で習った漢字ー

    2月10日(日)
 2階の4年生の廊下には3年生で習った漢字を使って、休日の人々の活動の様子が描かれている挿絵に沿った文章を考え、作文をしました。文にする前に、活動をしている人、場所、活動内容など一人で考えたり、隣と相談したりして様子が分かるようにしました。それぞれ5〜6つ文章が作られて展示されていました。中には8つ、9つと書いた人もいました。主語と述語が正しく使われた文章でした。
   卒業を祝う会準備会
   ー初等部6年生−

    2月9日(土)
 2日の9:30〜初等部6年生の卒業を祝う会の準備会が会議室で行われていました。
 集まった役員さん達は、当日の企画運営について一つ一つ役割の分担や準備にかかる手続き等時間をかけて検討していらっしゃいました。 当日は、卒業生を中とした思い出に残る祝う会になることを御祈念申し上げます。
   コンパスで描こう
−二等辺三角形、正三角形ー

   2月8日(金)
 3年生は算数で三角形を辺や角の数や長さを基にグループ分けをした後、特に特徴的な二等辺三角形や正三角形をコンパスを使ってノートに描く学習に取り組んでいました。ノートに底辺となる線を書いた後、両端にコンパスの針を当て二等分線となる1点を描きました。その後、その点と底辺の両端を線で結び、二等辺三角形を描き上げました。先生から正三角形もコンパスを使って描くように指示が出ました。子供たちは要領よくノートに描いていきました。
私たちなりに新元号を考えてみましたー4年生−
2月7日(木)
 4年生の廊下にはミニ作文「新しい元号」と題した作品が展示されていました。子供たちが考えた元号とその理由が記されていました。一人一人の作文を読ませてもらうと、公和、安久、静和などの平和、安全、希望への願いが込められた元号が殆どでした。新元号は4月1日に発表されるそうです。楽しみですね。
    幼児部豆まき
   ー節分にちなんでー

    2月6日(水)
 幼児部では、3日の節分に因んで豆まきを行いました。これまで、それそれの園児の中にいる鬼を思い描いて、鬼の面づくりに取り組んできました。角や髪の毛づくりに苦労したという感想が園児から聞かれました。すみれ組に集まった園児全員で豆まきの歌を歌った後、廊下で豆まきをしました。
「鬼は〜外!、福は〜内!」のかけ声と共に、廊下にいた赤鬼と青鬼の顔をめがけて一斉に豆が投げられました。園児達の心の中にいた鬼も勢いのよさに追われて退散したようでした。
 
   硬筆コンクール展
    2月5日(火)
 1階の廊下には、硬筆コンクール入賞者及び応募書の作品が展示されました。コンクールは、消しゴムを使わないことや手本をなぞったりしないことが示されており、一字一字間違えないように注意深く書いた様子が伝わってきました。優秀賞23名、優良賞50名は、平仮名や漢字のバランスもよく、見ていた人から「上手だねぇ」という感想の声が聞こえました。
   中等部3年生数学
   ー標本調査についてー

    2月4日(月)
 3年の授業は、標本調査ののまとめの学習を行っていました。調査の対象となる集団の傾向や性質を調査する場合の調査方法の違いや留意点について学習プリントに沿ってこれまでの学習を振り返っていました。生徒達は、それぞれ一題一題ずつ言葉を記入したり、計算して解答したりして要点を再確認していました。
   後期漢字確認テスト
 ―初等部2年生〜6年生―

    2月3日(日)
 2日の2校時、今年度2回目の漢字テストを実施しました。テスト時間は20分間です。
 担任の「始め!」の合図で、教室はコツコツという鉛筆を走らせる音だけが微かに聞こえる空間に変わり、そこには全神経を問題に集中する子供たちの姿がありました。答案は来週返却され、授業最終日までに合格賞、努力賞の賞状が手渡されます。
   初等部1年授業検討会
    2月2日(土)
 1年の授業研修後の検討会が1月26日の放課後に行われました。検討内容は、ねらいが明確で子供たちに分かりやすかったか、ねらいに迫るための指導過程は適切であったか、教材の提示や活用は子供たちの興味・関心を高め、学ぶ意欲を持続させるために有効だったか、理解に時間のかかる子への配慮は十分だったか等についてです。授業者の反省、参観者からの感想やアドバイスで活発で、有意義な検討会でした。
   幼児部クッキング
    2月1日(金)
 26日の幼児部クッキングでは、デザートとカレー作りが行われました。年長さん達はエプロンに三角巾を付け、ニンジン、ジャガイモ、玉ネギなどカレーの材料を小さくカッとする作業に挑戦しました。年中さんたちはデザートの材料となる果物の準備をしました。ボランティアのお母様方やお父様方が調理してくださったカレーライスを美味しくいただきました。
 補佐室の職員にも配食していただき、美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

information

Japanese Weekend School of NJ
ニュージャージー補習授業校

2 Executive Drive, Suite660,
Fort Lee, NJ 07024
TEL.201-585-0555(平日)
   201-493-9222(土曜)
FAX.201-585-1981
http://www.jwsnj.org
E-mail: njws@jwsnj.org


*バスの乗車申し込み(Jersey City, West NY, Summit line )はこちらから→。


代替教員募集!
詳しくはこちら